Uber Eatsの配達料金や手数料って?知っておきたい料金の仕組み

誰もが一度は耳にしたことがあるUber Eats

注文した商品を指定した場所まで配達してくれる便利なフードデリバリーサービスです。

一人暮らしをしている方はもちろん、ご飯を作るのがめんどうなママさんなどさまざまなニーズに対応し、現在利用者は急増しています。

便利なサービスですが、もちろん配達料金や手数料がかかります。

利用する際に「手数料はどのくらいかかるんだろう?」と気になり、注文するかどうかの決め手になったりもします。

そこで今回はUber Eatsで注文する際にかかる配達料金や手数料について徹底解説します!

後半ではお得に利用できる方法もご紹介しますので、是非とも参考にしてください!

アプリ名
UberEats
iPhoneの方 App Storeで見る
androidの方 Google Playで見る
クーポン クーポンを見る

Ubre Eatsは高い?注文料金の仕組み

Uber Eatsで料理を注文する際に発生する料金は

商品代金と手数料

です。

では、手数料はどのくらい発生してしまうのでしょうか。

Uber Eatsはどうして高いの?

みなさんがUber Eatsを利用する際に「え!こんなにかかるの?」と思うこともある配達料金や手数料は、どうして発生するのでしょうか。

簡潔にいうと、Uber Eatsも利益を得なければ商売にならないからです。

Uber Eatsのサービスは注文者・配達パートナー・加盟店舗のそれぞれの手数料で利益を得る仕組みとなっています。

Uber Eatsに登録している店舗は、利用料金として手数料を支払い、配達パートナーも手数料を支払い、もちろん注文者も支払います。

また、配達パートナーに支払われるのが配達料金です。料理を指定場所まで届けた対価として支払われます。

こういった仕組みで運営されているビジネスであるために配達料金や手数料が発生し、代金が高くなってしまうのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文時に発生する手数料

Uber Eatsの手数料①:配達料金

注文した際に発生する配達料金の仕組みについて解説します。

配達料金はいくつかの要因が関わって確定しています。

要因①:届け先の距離

Uber Eatsは、料理を提供する店舗から届け先への距離で配達料金が変動する仕組みを採用しています。

混雑状況にもよりますが、基本的には店舗から届け先への距離が短いほうが配達料金が安くなります。

要因②:登録店舗

店舗ごとに配送料金が変わります。

同じカテゴリーの料理を提供する店舗であっても配送料金が違う可能性があるため、注文する際にはチェックすると良いと思います。

要因③:配達地域

配達地域によってUber Eatsに対応する店舗数や配達パートナーの人数が異なるため、配達料金も変わってきます。

配達パートナーの人数が多く、対応店舗数が多い地域では配達料金が幅広く設定される傾向にあります。

全国のUber Eats対応エリアまとめはこちら⬇︎

Uber Eats全国の利用可能エリアまとめ

要因④:天候

天候が悪い時には利用者が増加し配達パートナーが不足するため、配達料金が高騰したり注文不可になったりしてしまいます。

天候の悪い時には混雑する時間帯を避けるなどの工夫が必要かもしれません。

Uber Eatsで注文する際には配達料金の他に手数料が発生します。

手数料は大きく「サービス料」「少額手数料」に分けられます。

ここではその二種類について解説していきたいと思います。

Uber Eatsの手数料②:サービス料

Uber Eatsでは注文した金額の10%の料金が「サービス料」として上乗せされます。

サービス料はほぼ全ての店舗が適用しており、注文者がこれを支払うのはしょうがないと言えます。

Uber Eatsの手数料③:少額手数料

Uber Eatsでは100円や200円の商品でも注文し、配達してもらうことができます。

しかし、注文金額が700円未満の場合に一律150円の手数料が発生してしまいます。これが「少額手数料」です。

かえって金額が高くなってしまう可能性があるので注意が必要です!

Uber Eats(ウーバーイーツ)と他サービスの手数料を比較

Uber Eatsでは少額手数料などの追加料金がかかりますが、他サービスではどうでしょうか?

様々なデリバリーサービスの手数料を表にまとめます。

サービス名配達料金サービス料少額手数料
Uber Eats¥50~代金の10%¥700未満の注文で一律¥150
DiDiFood¥0~なしなし
出前館¥0~なしレストランにより異なる
menu¥300~なし¥1000未満の注文で一律¥150
foodpanda¥0~なしなし
Woltお店から1.5km圏内は¥99
2.5km圏内は¥199
4km圏内は¥299
なし店舗ごとの最低注文金額を
下回る場合に差額分
Chompy¥0~なしなし
DOOR DASH¥50~代金の10%¥700未満の注文で一律¥150

上の表を参考にしながら、注文したいレストランや手数料を比較して利用するサービスを検討してみてください!

Uber Eats(ウーバーイーツ)安く注文する方法

この項目が気になって見にきてくださった方も多いのではないでしょうか!?

「楽だけどちょっと割高かも、、」と思ってしまう方必見の、少しでもお得に注文する方法をお届けします!

お得にする方法①:近場の店舗を選んで注文

配達料金は店舗から届け先までの距離によって変動します。

そのため、なるべく近場の店舗を選択したほうが配達料金はお得になります。

お得にする方法②:混雑する時間帯を避ける

特にUber Eatsの利用が盛んな地域では、ランチやディナーの時間帯は注文が混み合い配達パートナが不足する可能性があります。

さらに雨天時など、外出したくないと感じる時も混雑してしまいます。

混雑時には配達料金が高くなる可能性があるため、様子をチェックしながら混雑していない時間帯に注文することがポイントになります。

お得にする方法③:プロモーションコード(クーポン)を利用

Uber Eatsにはお得に利用できる初回限定プロモーションコードや、期間限定プロモーションコードがあります。

内容によってはかなりお得になるので、是非利用してみてください!

お得にする方法④:Eatsパスを購入

引用元:Uber Eats公式サイト

現在Uber Eatsでは月額980円で利用できるEatsパスというサブスクリプションサービスがあります。

Eatsパスを利用すると1200円以上の注文の際に発生する配達料金が0円になります!

注文頻度にもよりますが、利用すればかなりお得に注文できると思います!

お得にする方法⑤:配達料金0円の店舗を選択

Uber Eatsには、時間によって配達料金が0円になる店舗が変わるサービスがあります。

実際に見てみると、大戸屋やスシローやびっくりドンキーなどの大手チェーン店が配達料金無料となっていました。

ピンポイントで「あれが食べたい!」と決まっていない方は一度目を通してみるのがオススメです!

お得にする方法⑥:共同配送を利用

共同配送は、配達パートナーが2件の注文を同時に配達することです。

例えば注文者1が店舗Aの商品を注文した直後に注文者2が店舗Aの商品を注文した時に、2件の注文を1人の配達パートナーにお願いします。その場合、2件目の配達料金が無料になるというものです。

しかし、普段より商品の到着に時間がかかってしまい冷めてしまう可能性があるのが少し難点になります。

お得にする方法⑦:700円以上注文する

Uber Eatsでは700円未満の注文時に、少額手数料として一律150円が発生します。

場合によっては700円以上注文したほうがお得になることがあるので、常に意識するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はUber Eatsで注文した時に発生する配達料金や手数料について徹底解説しました。

注文する際に発生するこれらの手数料について知れば、もっとお得にUber Eatsを利用できるのではないでしょうか?

是非、本記事を参考にしてUber Eatsをもっとお得に利用してください!

アプリ名
UberEats
iPhoneの方 App Storeで見る
androidの方 Google Playで見る
クーポン クーポンを見る
【割引増額中!】Woltデビューキャンペーン!

「Wolt(ウォルト)」を初めて利用する方限定
合計3,000円割引クーポン
を発行中!

プロモコードの入力で
¥600×5回分(合計¥3,000)クレジットをゲットできます!

プロモーションコード:FOODDOOR

WEB(PCブラウザ)から注文する
割引の適用にはプロモコードの登録が必要です。