fbpx

Wolt実際に注文してみた!商品の見つけ方から注文方法まで使いながら紹介



広島・札幌、仙台で展開していたデリバリーサービスWoltが10/22から東京でも利用可能になりました。
さっそくWoltを使ってデリバリーしてみたので、Uber Eatsなど他のデリバリーサービスとの違いを比較しながら使い方を紹介します。
Wolt東京の利用可能エリアやお得なキャンペーンは下記の記事で紹介しています。

Wolt(ウォルト)東京都内で利用可能な配達エリアと使い方

Woltでの注文方法

TOP画面


上部にはインフォメーションのスライダーがついています。
時間帯によって表示されるものも違うようです。
今日は午前中に注文したので、モーニングメニューが上部に表示されました。

下にスクロールしていくと東京の名店がまとめられていたり、新規出店店舗、WoltのイチオシやWolt限定メニューなどパッと開くと気になる店舗さんがいっぱい表れます。

検索画面


キーワードがいくつか表示され、テキストを打ち込まなくても検索することが可能です。
その下には以前購入した店舗が表示されます。

店舗・商品画面


店舗ページは下記のようなレイアウトです。
まず店舗紹介文・評価・営業時間と配達時間が表示され、スクロールすると商品一覧が表示されます。
人気商品には[☆人気]のアイコンがついています。


商品ページでは、注文個数とオプションの選択をします。選択したら注文確認に進みます。

注文方法選択画面


配達かテイクアウト、イートインから選択します。
配達の場合はコンタクトレス(置き配)にするかどうか、も設定できます。

支払い方法の登録


クレジットカード・デビットカードの利用が可能です。カードをスキャンすると、番号を自動入力してくれます。

法人カードかどうかも登録可能で、法人カードの場合領収書の送り先メールアドレスの登録をすることができます。
社内行事などでデリバリーを注文する際なども便利ですね。

注文確定画面


商品価格が1200円以下の場合少量配達注文追加料金が発生します。東京の場合、1200円未満の場合1200円までの差額分が加算されます。

配達料金は、店舗と届け先住所の距離によって変動します。
お店から1.5km以内のお届けは99円、2.5km以内199円、4km以内299円です。

クレジットカード登録時に法人カードとして登録している場合、経理担当者へのメモの入力が必須となります。
このメモは配達完了時に送付される領収書に記載されます。

注文の確定はボタンをスライドします。これなら誤タップでの注文ミスは起こらないですね。

配達状況確認画面


Uber Eats同様に、注文品のステータスを一目で確認することができます。

レビュー


商品到着が完了すると、店舗と配達員それぞれを評価することができます。
こちらもUber Eats同様ですね。

まとめ

いかがでしたか。今回はWoltで商品を注文してみました。

Woltは、新規出店店舗、WoltのイチオシやWolt限定メニューから商品を選ぶことができるのですごくワクワクします。
今後、加盟店が増えてレビューも増えていくとさらに使い勝手が良くなりそうですね。