ゴールデンウィークがチャンス!大学生はUber Eats配達員で自由に稼ごう!

大学生の新しい生活には慣れてきましたか?

新生活開始かあら約1ヶ月が経ち、ゴールデンウィークが近づいてきました。

このタイミングでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録してみませんか?

登録制のUberEatsの配達パートナーは、いつでも自分の好きなタイミングで働くことができて、しかも高時給。サークルに、ゼミに、就活に、忙しい大学生にはぴったりの仕事です。

今回は、そんな自由な働き方で好きなだけ稼ぐことができるUber Eats配達パートナーについて解説します。

どうして大学生にオススメなのか、Uber Eats配達員の特徴や実際どのくらい稼げるのかなどを徹底的に解説しますので、ぜひ最後までご覧ください!

大学生の春休みや新生活にはUber Eats配達員がオススメ!

大学生にはUber Eats配達員がおすすめ!

好きな時間に好きなだけ働ける!

1件の配達で最大1,980円稼げる!

最短3日で登録完了!

空きコマに小遣い稼ぎや長期休暇にまとめて稼ぐなど、様々な働き方が可能です!

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が大学生におすすめの理由

大学生の皆さん、アルバイトを選ぶときにどんな基準でアルバイトを探しますか?

多くの人は、学業はもちろんサークルや趣味の時間、就活と忙しい生活を送っているのではないでしょうか。

そんな大学生の皆さんが重要視するポイントは

・「高収入である」ということ

・「シフトの融通がきく」ということ

の2つではないでしょうか。

Uber Eats配達員はその2点を兼ね備えた仕事です。

この2点にフォーカスしてUber Eats配達員がどうして大学生にオススメなのか詳しく解説していきます!

理由①:Uber Eats配達員は普通のバイトと比べて稼げる!

「タウンワーク」によるとアルバイト・パートの平均時給は1,051円です。

一方Uber Eats配達員は慣れてくると時給2,000円月収10万円以上稼ぐことができる仕事です。

報酬体系や、実際にどのくらいの金額を稼ぐことができるのかなどの詳しい内容は本記事内で解説していますのでそちらを参考にしてください!

実際の配達員はどのくらい稼いでいる?

下記の通り、実際に配達員さんの中には時給2,000円以上稼いでいる方もいます!

自転車の性能や立ち回りのうまさなども様々関係してくると思いますが、夢の話ではないことは確かですね!

理由②:Uber Eats配達員は好きな時に自由に働ける!

デリバリー配達員の大きな特徴はシフトにはまった働き方ではないこと。
自由な時間に好きなだけ働くことができることです。

大学生は授業間の空き時間が多いこともあります。

そんなときにダラダラ過ごすのではなく、Uber Eats配達員で稼げたら効率的です。

加盟している店舗にもよりますがUberEatsの営業時間は朝9時~24時(一部地域:8時~25時)です。この中から自分の都合の良い時間帯をシフト申請なしに自由に働けるのは最大のメリットですよね。

理由③:免許を持っていれば原付バイクで配達効率アップ!

大学生になってから運転免許を取る人は多いです。

Uber Eats配達員は自転車・バイクどちらでも配達可能です。

自転車は力仕事になるため体力の消費も激しく、1件の配達にかかる労力と時間も大きいです。

原付バイクであれば長い時間働き続けることも容易ですね!

理由④:配達は運動・ダイエットにもなる!

大学生になると体育の授業が必修でなくなる人も多くなり、運動量が落ちてしまいがちです。

自分でランニングするのはハードルが高いという方も、自転車での配達なら運動しながらお金が稼げて一石二鳥です。

早速、Uber Eats配達員に登録してみませんか?

配達員登録はこちらから

Uber Eats配達パートナーの登録資格

①18歳以上であること

18歳以上であれば、高校生でも大学生でも構いません。

年齢上限もありません。

大学生のほとんどは18歳以上ですので、問題ありません。

②日本で就労が可能であること

就労資格(就労ビザ)のない外国籍の方は登録することができません。

③自転車・もしくは原付バイクを所有していること

Uber Eatsの配達に登録可能な車両
  • 自転車
  • 原付バイク(125cc以下のバイク)
  • 125cc以上のバイク(事業用車両)
  • 軽自動車(事業用車両)
  • 徒歩(23区の一部エリアで試験運用)

登録できる車両は1種類のみです。

大学生になってから運転免許を取得する方も多いのではないでしょうか。

免許を持っている方には、原付バイクでの配達がおすすめです!

自転車と比べ、体力面でも配達効率の面でもバイクの方が上回っています。

月額4,000円〜レンタルもできますが…お金がかかるので所有のものを登録する方が良いでしょう。

所有していない方、もしくは自分の住むところががUber Eatsのエリアではなく、電車で移動するという方は、レンタルでも良いでしょう。

また、2021年6月より試験運用として、東京23区内の一部エリアを限定に徒歩での配達が導入されました。

④スマートフォンを所持していること

SMSの受け取りや発着信可能な電話番号があるスマートフォンが必要です。

Uber Eatsの配達パートナーの仕事はスマートフォンからみる事ができる専用アプリを介して受注されます。

以上を満たしていれば面接なしで簡単に登録ができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の報酬の仕組み

報酬はUber Eats配達員に興味がある大学生の多くが気になっている項目です。

ただただ稼げると言われるよりも、詳しい内容が知りたいですよね。

配達員の報酬の仕組みについて解説していきます!

新料金体系の導入について

2021年5月10日より、全国でUber Eatsの新料金体系が実施されました。

新料金体系による変更点

配達リクエストを受ける前に以下の情報を確認できるようになりました。

  • 受け取り・受け渡し場所
  • 概算の距離・時間
  • 獲得予定の配達料金

これまでは受け取り場所(レストラン)しかわからない仕様でしたので、配達パートナーにとっての改善点になります。

さらに、特定の状況において通常の配達料金に加算される配達調整金額が追加されました。

これらの新要素を追加した配達報酬の仕組みを以下で紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Uber Eats配達報酬の仕組みを理解しよう

Uber Eatsの配達報酬金額はこちらの計算式に沿って決められています。

配達料金(基本料金+配達調整金額)+インセンティブ−手数料+チップ

基本料金

基本料金は1度の配達でもらえる基本的な料金のことです。

基本料金の内容

・受け取り料金
 レストランで商品を受け取った際の料金

・受け渡し料金
 注文者に商品を届けた際の料金

・距離料金
 レストランから配達先までの距離に応じた料金

・予定時間料金
 配達に要する時間に応じた料金

基本料金は以上3つの料金で決定されています。

配達調整金額

配達調整金額は2021年5月10日より新しく追加されました。

・通常の目安よりも交通状況が混雑している場合

・通常の目安よりもレストランでの待ち時間が長い場合

・配達パートナーの数が少なく、通常よりも配達の需要が大きい場合

以上のような特定の状況において、基本金額に加えて配達調整金額が加算されることがあります。

具体的な金額はUber Eats公式からは発表されていませんが、100円〜200円ほど加算されるようです。

インセンティブ

インセンティブとは、エリア・時間帯・天候・注文の需給などで報酬が増額する仕組みです。

つまり、配達の狙い目です。

大学生のみなさんは常にインセンティブに気を張るようにしましょう

Uber Eatsには以下のようなインセンティブがあります。

Uber Eatsのインセンティブ

・300円調整ブースト(最低配達料金)

・ブースト

・クエスト

・オンライン時間インセンティブ

・ピーク料金

  • 300円調整ブースト(最低配達料金)

1件の配達の報酬が300円を下回る際に、最低配達料金として300円に調整されます。

  • ブースト

ブーストは、指定されたエリアでの配達を完了すると基本料金が一定倍増加する仕組みです。

例えば、ベース報酬500円の配達にブースト1.5倍がかかると報酬は750円になります。

  • クエスト

クエストとは回数インセンティブのこと。

つまり、一定時間の配達回数に応じて支払われる報酬です。

ランチタイムやディナータイムに発生しやすい傾向にあります。

  • オンライン時間インセンティブ

オンライン時間インセンティブとは、簡単にまとめると

配達するために待機した時間について支払われる報酬です。

オンライン時間インセンティブは滅多に発生しません。条件に当てはまっても必ず支払われるとは限らないので注意しましょう。

  • ピーク料金

ピーク料金とは、ランチやディナーの時間帯、悪天候時など、注文の増加が予想される時に発生する追加報酬です。

週末に発生することが多いです。

これらのインセンティブをうまく活用することで効率よく稼ぐことができます!

報酬についてはこちらの記事で詳しく解説しています⬇︎

サービス手数料

基本料金の10%がサービス手数料として引かれてしまいます。

ただし、インセンティブ料金にはかかりません。

チップ

注文者が配達のお礼としてチップをくれることがあります。

チップがもらえたら配達のしがいが感じられますよね。

Uber Eats配達員のベース報酬

報酬は稼働するエリアによって変わってきます。

自分が住んでいる地域のベース報酬を確認してください。

エリア別の一回配達あたりの報酬計算方法をご紹介します。

ただ、Uber Eatsから明確な料金が発表されているわけではありません。

大まかな数字にはなりますが、参考にしてください。

基本料金距離料金手数料報酬(配達距離2km)
東京・千葉・埼玉400円程60円/km10%468円
神奈川370円程60円/km10%441円
他のエリア320円程60円/km10%396円

実際の報酬はベース報酬にインセンティブやチップが上乗せされた金額になります。

配達距離別ベース報酬

配達距離によってベース報酬が変わってきます。

距離によって料金が加算されていくので、長い距離を配達すればするほど一回配達あたりの報酬は上がります。

1.0km2.0km3.0km4.0km5.0km
東京・千葉・埼玉414円468円522円576円630円
神奈川387円441円495円549円603円
他のエリア342円396円450円504円558円

Uber Eats配達員の給料日

Uber Eats配達パートナーの給料日は、毎週水曜日です。

前週の実績を毎週月曜日午前4時締め、水曜日に支払われます。

例えば、4/1(月)~4/7(日)に稼働した報酬は、4/8(月)AM4:00に締め作業が行われ最短4/10(水)に入金されます。

他のアルバイトは月払い、さらに翌月末支払いが多いです。

お金に困っている大学生にとって、毎週の週払いで入金されるのは急な出費にも対応しやすくてとても便利ですよね。

登録した金融機関によって遅れが生じることもあるので注意が必要です。

【関連記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料日っていつ?給料に関する疑問を解決!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員って実際どのくらい稼げる?

自由に好きなだけ働くことができるUber Eats配達員ですが、実際にはどのくらい稼ぐことができるのでしょうか?

大学生の生活スタイルに合わせたシミュレーションもしていますので、ぜひ参考にしてください!

Uber Eats配達員の時給ってどれくらい?

時給制ではなく1回ごとの配達で報酬が決まります。

距離や都市、状況によって異なりますが…

一度の配達で得られる報酬としては、およそ400円~600円が一般的です。

Uber Eats配達パートナーは配達した分だけ報酬が増えるので、配達に慣れた上級者になるほど多く稼ぐことができます。

単純に計算すると、1時間に2件配達をこなせる配達員はおよそ時給800円〜1200円で、3件配達をこなすことができる配達員はおよそ時給1200円〜1800円です。

つまり、個人の配達能力によって時給は様々というわけです。

Uber Eats配達員の時給目安

おおよその時給目安は以下の通りです。

  • 配達初心者・・・時給500円〜1,000円程度
  • 配達中級者・・・時給1,000円〜1,500円程度
  • 配達上級者・・・時給2,000円以上

Uber Eats配達員の時給をシミュレーションしてみた

一度の配達で得られる報酬は地域によって様々です。

今回は一度の配達で得られるベース報酬を500円に設定してシミュレーションしてみます。

また、Uber Eats配達での一件あたりの平均配達距離はおよそ3〜4キロメートルです。

今回のシミュレーションではブーストやクエスト、ピーク料金、天候のインセンティブなどは考慮していませんので、実際の報酬はより多くなると思います。

【初心者向け】1時間に2件配達した場合

1時間に2件配達

500円(一件あたりの配達報酬)×2(件)=1000円

一般的なアルバイトの時給と同程度です。

【中級者向け】1時間に3件配達した場合

1時間に3件配達

500円(一件あたりの配達報酬)×3(件)=1500円

およそ時給1500円になります。

普通のアルバイトと比較しても良い時給です。

【上級者向け】1時間に4件配達した場合

1時間に4件配達

500円(一件あたりの配達報酬)×4(件)=2000円

慣れていなければ、1時間あたり4件の配達を継続することは難しいです。

しかし、時給2000円は素晴らしい金額です。

Uber Eats配達員の月収をシミュレーションしてみた

一度の配達で得られる報酬は地域によって様々です。

今回は一度の配達で得られるベース報酬を500円、ブーストを1.2倍、1ヶ月を4週間に設定してシミュレーションしてみます。

平日は忙しくて働くことができない、週3日くらいは働きたいなど大学生にはそれぞれ理想の働き方があると思います。

ぜひ、稼働時間を決定する際の参考にしてください!

月収20万円 週2日・1日9時間の稼働

平日は学校で忙しいから土日のみ精一杯働きたい!という大学生向きの目安です。

1時間に3件の配達

500円(一件あたりの配達報酬)×1.2(ブースト)×3(回)×9(時間)×2(日)×4(週間)

129,600円

1時間に5件の配達

500円(一件あたりの配達報酬)×1.2(ブースト)×5(回)×9(時間)×2(日)×4(週間)

216,000円

月収10万円 週3日・1日5時間の稼働

アルバイト感覚で配達をしたい!という方の目安です!

大学生にとってちょうど良い稼働時間ではないでしょうか?

5時間続けて働かなくても大丈夫です。
授業の空き時間などを利用して、上手な働き方を意識しましょう!

1時間に3件の配達

500円(一件あたりの配達報酬)×1.2(ブースト)×3(回)×5(時間)×3(日)×4(週間)

108,000円

1時間に5件の配達

500円(一件あたりの配達報酬)×1.2(ブースト)×5(回)×5(時間)×3(日)×4(週間)

180,000円

Uber Eats配達員の報酬を他のアルバイトと比較してみた

業種平均時給
飲食・フード970円
販売・接客・サービス1031円
アパレル・ファッション関係950円
警備・清掃・ビル管理1015円

「タウンワーク」によるとアルバイト・パートの平均時給は1,051円です。

一方Uber Eatsの配達では慣れてくると1500円や2000円以上の時給を稼ぐことができます。

Uber Eats配達を効率よくこなすことができるようになれば、一般的なアルバイトと比べて多くの給料を稼ぐことができます!

また、一般的なアルバイトは週3日~などの決まりがあることが多いです。

一方、Uber Eats配達員の稼働時間は完全に個人に委ねられています。

やりたい時間にやりたい分だけ働くことができる仕事はそう多くありません。

自由に働きたいという大学生にとって最高の仕事ではないでしょうか!

大学生の春休みや新生活にはUber Eats配達員がオススメ!

大学生にはUber Eats配達員がおすすめ!

好きな時間に好きなだけ働ける!

1件の配達で最大1,980円稼げる!

最短3日で登録完了!

空きコマに小遣い稼ぎや長期休暇にまとめて稼ぐなど、様々な働き方が可能です!

出前館配達員との掛け持ちでもっと効率よく稼ごう!

Uber Eats・出前館はどちらも全国対応しています。

複数のサービスを掛け持ちしている配達員って実は多いんです。

なぜ掛け持ちする配達員が多いのでしょうか?どんなメリットがあるのでしょうか?

【関連記事】配達員やるなら、Uber Eats(ウーバーイーツ)?出前館?それとも掛け持ち??

掛け持ちメリット①:無駄な注文待機時間が減る

配達業務中にはどうしても注文待ちの時間ができてしまいます。

何分も同じ場所で待たされるなんてことも度々あるようです…

しかし、そんな時に別サービスの配達業務が入れば配達効率をアップさせることができます。

出前館の配達が入らない時間はUber Eatsを、Uber Eatsの配達が入らない時間は出前館の配達を。

上手に賢く配達することによって効率よく稼ぐことができます!

掛け持ちメリット②:どちらの配達員も自由な働き方ができる

デリバリー配達員の大きなメリットは自由な時間に好きなだけ働くことができることです。

Uber Eatsの営業時間は朝9時~24時(一部地域:8時~25時)
出前館の営業時間は9時~21時(一部地域:9時~24時)です。

自分の都合の良い時間帯をシフト申請なしに自由に働けるのは最大のメリットですよね。

インセンティブや気分によって配達サービスの切り替えをしても何も問題ありません!

掛け持ちメリット③:両サービスとも配達リュックの指定がない

サービスによっては配達リュックが指定されています。

Uber Eats・出前館とも配達リュックに指定がないため簡単に配達サービスの切り替えを行うことができます。

わざわざ指定のリュックに持ち替えていては、手間も荷物も多くなってしまって大変です。

1つのリュックで両サービスの配達を行うことができることは大きなメリットの1つです。

こちらの記事では出前館の配達員について徹底的に解説しています!⬇︎
Uber Eats配達員と比較したい方、掛け持ちもいいなと感じている方はぜひ参考にしてください!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員に登録する方法

①アカウントを作成する

Uber Eats公式サイトから配達パートナー用のアカウントを作成します。

  • メールアドレス
  • 氏名
  • 電話番号
  • 配達する都市
  • 招待コード

以上を入力すればアカウント作成は完了です

メールアドレス

Uber Eatsからの重要なお知らせやキャンペーン情報などが送られてくるので、普段使いのメールアドレスを使用するのがオススメです。

すでにUber Eatsに登録して注文をしたことがある方は、そちらのメールアドレスでログインしましょう。

氏名(ローマ字)

氏名はローマ字での登録になります。

アカウント作成後、身分証明書での本人確認があるので必ず本名で登録しましょう。

電話番号

今後配達員として働くことを考慮して、配達員専用アプリを使用する予定のスマートフォンの電話番号で登録しましょう。

配達中に問題があった場合、登録した電話番号にUber Eatsサポートから連絡がくることがあります。

配達する都市

今後稼働予定の都市を入力しましょう。

登録した都市に関わらずどの都市でも配達することはできますが、ブーストやインセンティブは登録した都市でのみが対象となります。

なお、登録した都市は変更可能です。

招待コード

任意での入力になります。もし紹介者がいる場合は紹介コードを入力しましょう。

②配達に使用する車両を登録する

次は配達に使用する車両の登録です。

Uber Eatsの配達に登録可能な車両
  • 自転車
  • 原付バイク(125cc以下のバイク)
  • 125cc以上のバイク(事業用車両)
  • 軽自動車(事業用車両)
  • 徒歩(23区の一部エリアで試験運用)

以上の選択肢から選択することができます。

大学生になって免許を取得した方は原付バイクでの配達がおすすめです。

自転車と比べ、体力面でも配達効率の面でもバイクの方が上回っています。

2021年6月より試験運用として、東京23区内の一部エリアを限定に徒歩での配達が導入されました。

③書類アップロード

登録車両ごとの必要書類をアップロードします。

表示されている必要書類を揃えて写真撮影をし、アップロードしましょう。

注意点
  • アップロードした書類の審査完了までの期間は早くて3日、遅くて2週間かかることがあります。
  • プロフィール写真は注文者が見ることになります。注文者が安心して料理を待てるように服装や表情に注意しましょう。
  • 車両の選択を間違えてしまった場合にはもう一度手続きが必要になります。
  • こちらのページから手続きを行ってください。

④銀行口座を登録する

報酬が振り込まれる銀行口座を登録します。

報酬は海外送金での支払いになるため、使えない口座がいくつかあります。

利用不可な銀行
  • ゆうちょ銀行
  • ネット銀行
  • 信用金庫

上記の銀行は登録ができないため、要注意です。

銀行口座登録ページで銀行名を入力してみると候補が表示されるので、自分の銀行が使えるか確認してみてください。

④アプリをダウンロードする

配達には「Uber Driver」という専用アプリを使います。

インストールしたら、先ほど登録したメールアドレスとパスワードでログインしましょう。

この際にプロフィール写真を登録しておくと良いでしょう。

⑤配達バッグを用意する

AmazonでUber Eats専用バッグを購入するのがオススメです。

必ずしも公式のものを使わなければならないというわけではありません。

実際にUber Eats専用バックを使用して感じたメリット・デメリットを紹介します。

Uber Eats専用バッグを利用するメリット・デメリット

メリット

  • 横に内容幅を広げるためのファスナーがついているため、大手の寿司やピザLサイズも配達可能。
  • 中の仕切りが充実していて高性能。

デメリット

  • 重い
  • 購入費用が必要

Uber Eats以外のサービスもかけ持ちする場合、他社ロゴ付きバッグNGとされているのでロゴなしのバッグを選んだ方が良いです。

非公式バッグを利用する場合は内容幅が狭いものは、大量注文や幅の大きい商品は配達できない可能性があります。

【関連記事】Uber Eats配達用のリュック購入方法や使い方おすすめ代用品を紹介!

以上の手順で登録完了です!

審査が完了し、アカウントが有効となれば稼働可能です。

では早速、Uber Eats配達員に登録してみましょう!

配達員登録はこちらから

まとめ

いかがでしたか?

本記事ではUber Eats配達員がどうして大学生にオススメなのか、特徴や実際どのくらい稼げるのかなどを解説しました。

なんといっても稼ぎやすい点と自由な働き方ができる点がオススメポイントです。

自由な時間に好きなだけ働くことができる。こんな素敵な仕事はありません。

初めてのバイトに大学生はUber Eats配達員を始めてみましょう!

ぜひ、本記事を参考にしてください!

大学生の春休みや新生活にはUber Eats配達員がオススメ!

大学生にはUber Eats配達員がおすすめ!

好きな時間に好きなだけ働ける!

1件の配達で最大1,980円稼げる!

最短3日で登録完了!

空きコマに小遣い稼ぎや長期休暇にまとめて稼ぐなど、様々な働き方が可能です!

【割引増額中!】Uber Eatsデビューキャンペーン!

「Uber Eats (ウーバーイーツ)」を初めて利用する方限定
1,200円割引クーポン
を発行中!

プロモーションコードを入力するだけですぐに利用可能!!

プロモーションコード:FDOORJP28

・ただし上記ボタンからの注文に限ります。
最低注文金額:1,200円
・2022年4月30日までの期間限定クーポン。