【効率UP】レンタルはどう?出前館のバイク配達を徹底解説

近年、デリバリー業界は急成長を遂げ著しい盛り上がりを見せています。

みなさんもUber Eats(ウーバーイーツ)・menu(メニュー)・出前館など聞いたことある人が多いでしょう。

デリバリー業務では、自分の持っている自転車やバイクなど様々な配達方法を選択できます。

「配達員の仕事を始めたいけど、どの車両で配達すればいいのかな…」

このように悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、出前館の配達業務で大活躍するバイクを紹介します。

ぜひ、参考にして下さい!

がっつり稼ぐ!今がチャンス!!

スタートダッシュキャンペーン開催中!

2022年1月31日まで期間限定で

基本報酬30%アップ!

  1. 配達員満足度3冠獲得
  2. 業界トップクラスの配達報酬
  3. 充実したサポート制度

他にはないビックイベント!

出前館の配達員登録は今するしかない!

※2022年1月20日までに登録した方対象

出前館の配達で利用できる車両

出前館の業務委託で利用できる車両
  • 自転車
  • バイク(原付バイク・緑ナンバー)
  • 軽貨物(自動車)

出前館では直雇用アルバイト、業務委託の二つの業務形態で運用されています。

直雇用アルバイトは、出前館の各拠点から自転車・バイクを無料レンタルして時給制で業務を行います。

業務委託の場合は出前館と個人が直接契約を結び、自分で用意した車両を利用して配達業務を行います。

つまり、出来高制で自分が何件配達したのかによって報酬も変わってきます。

車両選びによって、報酬や稼ぎ方が変わってしまうほど、この選択は重要です。

出前館配達に利用可能な車両のメリット・デメリット

自転車配達のメリット

・今持っている自転車ですぐに業務を始めることができる

・配達用に購入した場合でも、そこまで値段が高くない

・普段使いをすることができる

・渋滞に巻き込まれない

自転車配達のデメリット

・雨に濡れてしまう

・坂道を上るのがつらい

・スピードがバイクより劣る

バイク配達のメリット

・スピードが出る

・長時間配達をしていても疲れない

・短距離の案件を取れば、件数を稼げる

・住宅街や街中で小回りが利く

・渋滞に巻き込まれにくい

バイク配達のデメリット

・事故や違反での損害が大きい

・メンテナンス、保険など費用が自転車よりもかかる

・事業用登録が必要(中型バイク以上)

軽貨物(自動車)配達のメリット

・天候に左右されずに配達ができる

・スピードが出る

・短距離の案件を取れば、件数を稼げる

軽貨物(自動車)配達のデメリット

・事故、違反での損害が大きい

・メンテナンス、保険などの費用が自転車、バイクよりもかかる

・街中での小回りが利かない

・事業用登録が必要

・渋滞に巻き込まれると大遅延

出前館で配達するならバイクがおすすめ

バイク配達がおすすめな理由

前館の業務委託では、距離や案件に関わらず一件あたりの配達報酬は一定です。

決められたエリア内だけで配達を行い、3km 以上の配達は稀です。

軽貨物を使うドライバーは主に軽自動車を使うのが主流ですが、繁華街や住宅街の中で小回りが利かないためおすすめできません。

効率よく稼ぐためには短い距離の案件をたくさんこなすこと、二件以上を同時に配達することが重要です。

バイクは自転車よりもスピードが出るかつ、二件以上の配達にも適しています。

バイクはエンジンを切れば歩行者扱いとして歩道を歩くことができるため、道を間違えてもUターン禁止区域でもスムーズに切り返せます。

以上の理由から出前館の業務委託では、自転車よりもバイクがおすすめです。

バイク配達に必要なもの

出前館でバイク配達を行う際に必要になるアイテムを紹介します。

配達業務を始める前にきちんと準備したほうが効率よく稼げます。

スマートフォン

配達業務においてスマートフォンは必須です。

出前館のドライバーアプリとGoogleマップを主に使います。

万が一お届け時間に遅れそうな場合はのため、自分でお客様に電話をかける場合があります。

スマホホルダー

運転中にマップを見るために、スマホホルダーがあると便利でしょう。

絶対にスマホが落ちない頑丈なものを使うことをおすすめします。

モバイルバッテリー

スマートフォンの充電が切れては仕事になりません。常に充電に気を使いましょう。

モバイルバッテリーは、二回以上フル充電できるものがおすすめです。

お釣り

現金対応をしておくと、受託できる案件の幅が大きく広がります。

最低でも1000円札9枚・500円玉2枚・100円玉20枚・10円玉20枚・5円玉5枚を持っておくと安心できます。

お釣りが用意できなくなった場合、拠点に連絡をすれば現金対応を一時的に止めてくれます。

ウエストポーチ

モバイルバッテリー、お釣りなどがすぐに出し入れしやすいので、配達効率が上がります。

ウエストポーチにバイクの鍵を繋げておくと鍵をなくす心配もなくなります。

出前館の帽子・ユニフォーム

業務委託に契約が完了した時点で、出前館の帽子とユニフォームが支給されます。

これらを身に着けていないと商品の受け取りを却下されてしまう店舗もあるので注意が必要です。

免許証

バイクを運転する際は、常に免許証を携帯しましょう。

運転中に免許証を持っていない状態で取り締まりを受けると、免許不携帯で罰則を受けることになります。

ガソリン

配達業務中にガス欠にならないように、業務開始前に確認しておきましょう。

場合によりますが、朝から8時間ほど配達をするとおよそ120km走ることになります。

確定申告のためにガソリンにかかった領収書は保存しておいた方が後々決済でスムーズになります。

ヘルメット

バイク乗車時はヘルメットの着用が義務付けられています。

ノーヘルで取り締まりを受けると1点の加点があります。

ミニカーの場合はヘルメットの着用義務はありませんが、安全のために着用しておくことをおすすめします。

バイク用ハンドルカバー(冬限定)

冬のバイク配達はとにかく、極寒なので、ハンドルカバーをつけておくと、だいぶ寒さに対して楽になります。

資金に余裕がある場合、ハンドルヒーターの設置をするとさらに手は冷えなくなります。

おすすめのバイク車種

出前館の配達で配達する際には、どのような車種のバイクがおすすめなのかを紹介します。

おすすめのバイク車種
  • 原付2種以上のバイク
  • 屋根付きミニカー

原付二種以上のバイク(原付二種以上のバイク免許が必要)

原付の場合30km/h の制限・二段階右折・進入禁止エリア(バイパスやアンダーパスなど)など、制約が多くなってしまいます。

中型以上のバイクで配達する場合、事業用ナンバーの申請(緑ナンバー)が必要になります。

原付二種以上のバイクであればこれらの制限がありません。

屋根付きミニカー

三輪で走るミニカーは普通免許でも運転することができます。

原付のスペックですが、一定基準を満たすと自動車と同じ扱いで配達することができます。

ジャイロキャノピーなどの三輪は屋根がついており、雨の影響を受けないので便利です。

ただ、意外と風に煽られやすいため強風の日の運転には注意が必要です。

出前館の配達でバイクレンタルはお得?

ここまで、出前館の配達業務はバイクがおすすめと紹介してきました。

しかしバイクを持っていない方がいきなりバイクを購入するとなると、値段も高く色々戸惑ってしまうことも多いでしょう。

出前館が運営している仕入館では、バイクをレンタルできるサービスを展開しています。

仕入館のレンタルバイクサービスでは、ミニカーの申請とメンテナンスの済んだジャイロキャノピーを月額約3万円でレンタルでき、申し込みから1週間前後で稼働することが可能です。

バイクレンタルの保険

バイクをレンタルした場合、新車を購入するよりも安価で運転ができます。

それでは、保険の方はどうでしょうか?

仕入館の場合を例にすると、月額の利用料は税込み30,250円。

一年間レンタルし続ける場合の利用料は363,000円です。

一見すると高いように感じますが、レンタルの場合は自賠責保険・定期点検・代車手配・修理費・JAFロードサービスが全て利用料金に含まれています。

おすすめのレンタルバイク

上記で紹介した仕入館の他にも、バイクが借りられるサービスはあります。

テイト

東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・関西地域などで利用可能です。

三か月分一括でレンタルすると、一月22000円が一月11000円に安くなるメリットがあります。

ワンデリー

飲食関係向けのサービスが充実しています。

ジャイロキャノピーが月額18150円でレンタルできます。

FP レンタルバイク

整備が充実していて月額26000円、関東圏で利用可能です。

バイクに関するパーツの在庫が豊富なため、効率良く配達ができます。

バイクをレンタルするメリット

手続きが大幅に減少する

自分でバイクを購入した場合、自賠責保険・定期的な点検・ブレーキやライトの修理・JAF対応など、自分のバイクを維持するために手続きが発生します。

レンタルバイクの場合は、これらをお店の方でサポートしてくれるため一括で支払いが済みます。

短期間の利用であればレンタルの方がお得

短期間のバイク利用ならば基本的にレンタルの方が安いです。

仕入館の三輪をレンタルした場合3年間利用していても自分で購入した場合よりも約10万円お得になります。

配達に必要な道具がついてくる

そのほかに、配達用バック(二輪、原付は別途用意が必要)・スマホホルダーなど配達に必要な道具が一緒についているケースがあります。

レンタルする店舗が近い場合は駐輪場として利用できる場合もあります。

まとめ

いかがでしたか?

出前館の業務委託で配達業務を行う場合は、バイクがおすすめです。

なかでも屋根付き三輪のミニカー・原付2種などがおすすめできます。

また、新車を購入するほどではなくても、レンタルをすれば充実したサービスを受けられます。

運転免許があれば、だれでも始められます。

副業でも専業でも気軽に始めましょう!

出前館の配達パートナーに登録!

出前館の配達員なら

月70万円以上

稼ぐ方も続々!

スキマ時間に配達できる!

1回の配達で650円以上!

【割引増額中!】Uber Eatsデビューキャンペーン!

「Uber Eats (ウーバーイーツ)」を初めて利用する方限定
3,000円割引クーポン
を発行中!

プロモーションコードを入力するだけですぐに利用可能!!

プロモーションコード:FDOORJP23

・ただし上記ボタンからの注文に限ります。
・2021年12月31日までの期間限定クーポン。

フードパンダ初回限定クーポン配布中

 

foodpanda 初回注文

初回限定
2,600円割引クーポン
を配布中!

プロモーションコードを入力するだけですぐに利用可能!!

クーポンコード
FP2110

※ 1200円以上の注文でのみ利用できます

初回限定クーポンでお得に注文♪

フードドアでは、
初回限定のお得なクーポン
を配布しています。
※注文するボタンからの注文に限ります。

クーポンコード

UberEats
FDOORJP23
3,000円割引
12/31まで限定

注文する


foodpanda
FP2110
2,600円割引

注文する


menu
36801
最大1,500円割引

iPhoneで注文する

androidで注文する


DiDiFood
お得なクーポンを見る

注文する


Wolt
S7SWU
最大900円割引

iPhoneで注文する

androidで注文する