fbpx

【米国シェアNo.1】宅配・デリバリーサービスのDOORDASH(ドアダッシュ)とは?徹底解説!



国内外から様々な企業が参入し、規模もどんどん大きくなっているフードデリバリー市場。

コロナ禍により世界中でも需要が高まっています。

そんな中、2021年春(予定)に国内に大注目の宅配・デリバリーサービスが参入してきます。

そのサービスは「DOORDASH(ドアダッシュ)」

なんとアメリカでのシェアNo.1のサービスなんです!

日本ではUber Eats(ウーバーイーツ)出前館をよく目にし利用する人も多いと思います。

海外からの新規参入では、Wolt(ウォルト)・foodpanda(フードパンダ)・DiDi Food(ディディフード)・FOODNEKO(フードネコ)

日本企業の、menu(メニュー)・Chompy(チョンピー)

と、多くのフードデリバリーサービスがある中、満を持しての参入になります。

この記事では、DOORDASH(ドアダッシュ)について企業情報からサービス情報。日本での展開エリアなどを徹底解説していきます。

DOORDASH(ドアダッシュ)とは?

フードデリバリーサービスの本場アメリカ。

日本でも馴染みあるUber Eats(ウーバーイーツ)もアメリカの企業ですね。

アメリカではそのUber Eats(ウーバーイーツ)を抑え、圧倒的なシェアを持っているのがDOORDASH(ドアダッシュ)です。

DOORDASH(ドアダッシュ)の企業情報

本社所在地アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ
設立2013年5月
事業内容食品配送サービス
代表者トニー・シュー(CEO)
スタンリー・タン(社長)
アンディ・ファン(CTO)
主要株主セコイアキャピタル
ソフトバンク・ビジョン・ファンド

2020年12月にニューヨーク証券取引所に上場しました。

投資家から558億ドル(約5兆8000億円)の評価を受けるなど、企業・サービスに対する期待値がかなり高いことが分かります。

ソフトバンク・ビジョン・ファンドも筆頭株主として出資しています。

DOORDASH(ドアダッシュ)の米国でのポディションは?

実際にアメリカ国内でDOORDASH(ドアダッシュ)はどのくらい利用されているサービスなのか気になりますよね?

アメリカ国内では現在、

  1. DOORDASH(ドアダッシュ)
  2. Uber Eats(ウーバーイーツ)
  3. Grubhub(グラブハブ)

という3つのフードデリバリーサービスが有名です。

Second Measure社が2020年11月に行った調査によると、この3社のサービスシェアは以下のようになります。

  1. DOORDASH(ドアダッシュ) 50%
  2. Uber Eats(ウーバーイーツ) 23%
  3. Grubhub(グラブハブ) 18%

なんとアメリカ国内半数のシェアがDOORDASH(ドアダッシュ)となっています。

日本ではUber Eats(ウーバーイーツ)の認知度が高いので、これは驚きですよね。

DOORDASH(ドアダッシュ)の強みは?

なぜDOORDASH(ドアダッシュ)はアメリカ国内でのシェアNo.1なのか。

①アメリカ国内で3000以上の都市で展開するという規模

Uber Eatsでもアメリカ国内では500都市の展開に留まっていることに対して3000以上とは圧倒的に規模が大きいです。

②食品以外の企業とパートナシップを結んでいる

2018年より米国スーパーの大手、Walmart(ウォールマート)と提携を結び日用品の即時配達を開始しています。これにより、ユーザー数も増え、サービス認知も拡大されました。

DOORDASH(ドアダッシュ)の対応エリア

日本に参入した場合、どこのエリアからサービスがスタートするのか気になりますよね。

さまざまな情報が流れていますが、まだ明確に発表はされてはいません。

DOORDASH(ドアダッシュ)の注文方法

アメリカでの現在の注文方法は以下の2パターンです。

  1. スマートフォンアプリ(公式アプリ)
  2. 公式ウェブサイト

日本国内での利用方法と大きくは変わらないようです。

アメリカ国内でのDOORDASH(ドアダッシュ)とUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリの使い勝手に大差は無いようなので、日本で利用している宅配・デリバリーサービスと同様な注文方法になると思われます。

DOORDASH(ドアダッシュ)が利用できる加盟店

加盟店の情報はサービス開始前のため、発表されていません。

アメリカでは大手チェーン店から中小規模の飲食店まで多くの店舗が加盟しています。

また、スーパーの大手Walmart(ウォールマート)やドラッグストアのWalgreens(ウォルグリーンズ)なども加盟しています。

日本国内でもスーパーやドラッグストアなどが加盟したら、大変便利なサービスになりますね!

DOORDASH(ドアダッシュ)のクーポン・キャンペーン

新規参入となると、クーポンやキャンペーンも気になりますよね。

現在では、情報は出ていないですが利用者にとってお得なキャンペーンが開催されることを期待したいですね!

DOORDASH(ドアダッシュ)の配達パートナーになるには

DOORDASH(ドアダッシュ)では配達パートナー(配達員)をダッシャーと呼んでいます。

日本でもダッシャーの募集はすでに始まっています。

配達パートナー(ダッシャー)の登録方法や仕組みなどはこちらの記事で詳しく説明しています。

DOORDASH(ドアダッシュ)の配達パートナー(ダッシャー)になるには?登録方法や給与制度、メリットまで徹底解説!

まとめ

アメリカ最大手の宅配・デリバリーサービスのDOORDASH(ドアダッシュ)の日本でのサービス開始が待ち遠しいてすね!

まだ詳しい情報はほとんど出されていません。

2021年春(予定)で展開されるとのいうことで、また宅配・デリバリーサービスの競争が激化しそうですね!